お祈りメール.net

就活等でのお祈りメールのテンプレや文面、例文など


この記事は約3分で読めます。

なぜ?サイレントお祈りにする理由

なぜ?企業側がサイレントお祈りをする理由

やはり、就職活動を行っている方々のお話を聞くと、
サイレントお祈りに対して、いいイメージを持っている方は少ないようです。

就活生側からすると「失礼」と感じる方も多いことでしょう。

なぜ、企業側はサイレントお祈りをするのでしょうか?

理由としては様々なことが挙げられます。

  • 採用担当者が忙しい
  • 物理的に、個別の説明は不可能

大きな理由としてはこの二つがあります。
採用担当者の方は、
求人サイトの調整や会社説明会の準備や就活生との連絡・面接…。
などなど、多くの業務を抱えております。

また、就活生を相手にする際に10人程度なら大変ではありませんが、
大企業ともなると、履歴書だけでも何万通と送られてきます。
それらに目を通すだけでも大変な作業になってしまいます。

ただ、企業側にとって、サイレントお祈りをやめて、
メールで連絡をするようにするのは、簡単な事です。

応募者のメールアドレスをデータとして管理し、
プログラムで不合格者にだけ決められたメールを送信するだけですから…。
ものの数分でお祈りメールを送信することが出来ます。



ですが、それをしない理由…。
これが、企業がサイレントお祈りをする理由となります。

まず、応募者の中から合格者を決める際に
「合格ライン」というのは決まっていません。
必要最低限のマナーやモラル・スキルを持っている「中」で
誰がいいのかを選考することとなります。

また、面接を行った一番最初の人と一番最後の人とでは
何ヶ月ものラグが発生します。
つまり、最初の人の合格ラインと最後の人の合格ラインとでは
全く別物になってしまいます。

また、採用人数の枠が狭くなるにつれ、条件はより厳しくなりますし…。

それをサイレントお祈りとすることによって、
「合格」でも「不合格」でもない期間を長く取ることが出来ます。

「合格者の方にご連絡します。不合格の場合は連絡は致しません。」

こういったことですね。
つまり、採用を行っていく内に、
「当時は不合格だったけれど、内定者が辞退したため繰り上げ当選のように合格になる」
こういった場合に、サイレントお祈りだと連絡が取れるということです。

企業がサイレントお祈りをする理由としては、
合格とも不合格ともいえない、キープ状態を作るため。」ここにあります。

ソーシャル・シェアボタン~あなたの友達にも知らせてください~

更新履歴

 

string(3474) "

なぜ?サイレントお祈りにする理由

なぜ?企業側がサイレントお祈りをする理由

やはり、就職活動を行っている方々のお話を聞くと、
サイレントお祈りに対して、いいイメージを持っている方は少ないようです。

就活生側からすると「失礼」と感じる方も多いことでしょう。

なぜ、企業側はサイレントお祈りをするのでしょうか?

理由としては様々なことが挙げられます。

大きな理由としてはこの二つがあります。
採用担当者の方は、
求人サイトの調整や会社説明会の準備や就活生との連絡・面接…。
などなど、多くの業務を抱えております。

また、就活生を相手にする際に10人程度なら大変ではありませんが、
大企業ともなると、履歴書だけでも何万通と送られてきます。
それらに目を通すだけでも大変な作業になってしまいます。

ただ、企業側にとって、サイレントお祈りをやめて、
メールで連絡をするようにするのは、簡単な事です。

応募者のメールアドレスをデータとして管理し、
プログラムで不合格者にだけ決められたメールを送信するだけですから…。
ものの数分でお祈りメールを送信することが出来ます。



ですが、それをしない理由…。
これが、企業がサイレントお祈りをする理由となります。

まず、応募者の中から合格者を決める際に
「合格ライン」というのは決まっていません。
必要最低限のマナーやモラル・スキルを持っている「中」で
誰がいいのかを選考することとなります。

また、面接を行った一番最初の人と一番最後の人とでは
何ヶ月ものラグが発生します。
つまり、最初の人の合格ラインと最後の人の合格ラインとでは
全く別物になってしまいます。

また、採用人数の枠が狭くなるにつれ、条件はより厳しくなりますし…。

それをサイレントお祈りとすることによって、
「合格」でも「不合格」でもない期間を長く取ることが出来ます。

「合格者の方にご連絡します。不合格の場合は連絡は致しません。」

こういったことですね。
つまり、採用を行っていく内に、
「当時は不合格だったけれど、内定者が辞退したため繰り上げ当選のように合格になる」
こういった場合に、サイレントお祈りだと連絡が取れるということです。

企業がサイレントお祈りをする理由としては、
合格とも不合格ともいえない、キープ状態を作るため。」ここにあります。

"